アリバイについての情報が満載

このサイトでは、無職やフリーター、水商売などの人が利用するというアリバイ会社について紹介しています。
偽物の書類の発行をしている、いわゆる公文書偽造などの犯罪を行う会社です。
いったい利用者は何のために、どのような場面で利用するのでしょうか。
また、そもそもなぜこんな犯罪を行う会社がビジネスとして成り立つのだろうかと、不思議に思う方も少なくないかも知れません。
そこで実際に行っている業務にはどのようなものがあるのかについて紹介します。

アリバイ会社とはどんなもの?利用する目的とは

アリバイ会社とはどんなもの?利用する目的とは アリバイ会社とは、公文書偽造を行う会社ですが作成される書類には給与明細書や源泉徴収票・在籍証明書など多岐にわたります。
また、この他に在籍確認の電話対応も行っています。
利用する人の多くは、正社員以外のアルバイトやパートの仕事をしているかたや無職といった人たちです。
ではなぜ犯罪と分っていて、アリバイ会社を利用するのでしょうか。
世の中にはどうしても正社員じゃないとダメという契約ごとがたくさんあります。
犯罪と分っている以上、あきらめれば良いのではないか、と思う方も少なくないことでしょう。
しかし、正社員じゃなくても、やむを得ず契約しないといけないという場面も多々あります。
そのためには、どうしてもアリバイ会社を利用するしかないのです。

アリバイ会社を利用して賃貸をすることの危険性

アリバイ会社を利用して賃貸をすることの危険性 現在日本では多くのアリバイ会社が存在しており、その理由は金融関係の審査・保育園の入園・周りに本当の職業を隠したいなど様々あります。
今回は、賃貸マンション・アパートの契約時に利用される「アリバイ会社」の仕組みや危険性を解説していきます。
例えば無職やフリーターや水商売などの審査が通りにくい人がいたとします。
そのような人でも、アリバイ会社を利用することであたかもそこに勤務しているように偽装ができるので、賃貸物件に入居しやすくなるのです。
しかし、この方法は非常は危険でおすすめできるものではありません。
1つ目の理由として、真実が明るみになった場合、即強制退去を求められる場合が多いからです。
管理会社や大家さんに悪意のある嘘をついたとみなされます。
2つ目の理由は、詐欺行為として訴訟に発展するケースもあるからです。
過去に同じアリバイ会社で入居した人がいたなど、バレる可能性も十分にあります。
3つ目の理由は、今後の部屋探しがますます困難になるということです。
不動産業会では情報が共有されているケースも少なくないので、今後部屋を借りる際は苦労することも十分に考えられるでしょう。
このように、アリバイ会社を使っての賃貸は大きなリスクを伴う行為と言えます。

もっとアリバイ会社を知りたい

アリバイ会社